日本語教師資格を取得しよう
日本語教師になろう>日本語教師になるために大学で日本語教育の専門授業を受ける

日本語学科のある大学-日本語教師になるために大学で日本語教育の専門授業を受ける

■大学の日本語学科で学ぶ

日本語教師の資格いろいろで紹介した日本語教師になる1つ目の基準は「大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業していること」です。全国の大学の外国語学部や人文学部において、「日本語学科」「日本語日本文化学科」が設置されており、日本語教師に必要な知識を習得することができます。

日本語教育を大学で学ぶという方法は、4年間という長期にわたることや、大学の入学試験自体を受けなければならないなど、比較的ハードルが高い方法です。現役高校生の場合はこの方法で良いとは思いますが、現在既に社会人の方などが日本語教師になるには、「420時間以上の専門教育を受ける」「日本語教育能力検定試験に合格する」など、他の方法で日本語教師の資格を取るのがおススメです。

日本語科を設置する大学

日本語学科を設置している大学リストは以下で調べることができます。

●リクナビ進学 (資料請求ができます)
「語学(日本語」)分野の大学
「日本文化学」分野の大学

●日本語関連学科のある大学一覧

資料請求のできる大学のみをリストしてありますので、これが日本語関係の学部・学科があるすべての大学ではありません。


広告
文化庁指針「420時間カリキュラム」対応
ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座