日本語教師資格を取得しよう
日本語教師になろう>日本語教師養成講座420時間

日本語教師養成講座420時間

日本語教師養成講座2種類のオプション

日本語教師の資格いろいろで紹介した2つ目の基準、「日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けていること」をクリアするには、民間スクールが開講している通学制の「日本語教師養成講座」で学ぶ必要があります。

通学制のほかに通信制の日本語教師養成講座もありますが、この場合は「420時間の教育を受けた」と認められないことがあるため、通信制で学んだ専門知識を基に日本語教育能力検定試験合格を目指すことになります。

通学制、通信制ともに下記のような特徴の違いがありますので、ご自身に合う学習スタイルや時間などを考慮して、どちらの方法が良いか検討されるとよいでしょう。

■日本語教師養成通学制スクールなら日本語教師養成講座420時間をクリア

多くの民間スクールが全国各地で通学制の日本語教師養成講座を開講、そのほとんどが、文化庁「日本語教員養成において必要とされる教育内容」(平成12年3月)(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/bunka/007/0803.htm)に基づく「420時間以上の教育内容」を網羅したシラバス・カリキュラムを採用しています。

つまり、講座修了=「日本語教師養成講座において420時間以上の教育を受けた」という、有資格者としての基準をクリアできることになります(詳しくは必ず各スクールにご確認を)。通学制スクールは、「時間を決めて勉強しないと長続きしない」「ライブ授業でしっかり理解したい」「就職情報を多く入手したい」という方に向いています。スクールごとに「続けられる」工夫や特色があるので、より自分に合ったスクールを選ぶとよいでしょう。たとえばヒューマンアカデミー日本語教師養成講座は実習を徹底的に行うことを特徴としてうたっているほか、社会人向けに受講時間の振り替えができるようになっています。

■日本語教師養成通信制講座-420時間通学できない人に

通信制の日本語教師養成講座は、通学制スクールと学ぶ内容はほとんど同じですが、講座を修了しても、多くの場合、文化庁指針「420時間以上の教育内容」の対象とはならず、有資格者としての基準を満たせないことがあります。

逆に言えば、通信制日本語教師養成講座は検定合格を目指した内容に作りこまれているので、しっかりと検定対策ができるといえるでしょうか。そして、試験に合格すれば「日本語教師養成講座420時間」の基準は満たせなくても、「検定合格」という基準は満たせることになります(詳しくは必ず各スクールにご確認を)。通信制講座は「仕事をしながら自分のペースで勉強したい」「近くに通えるスクールがない」「経済的に学びたい」という方に向いています。有名なアルクの日本語教師通信講座などがこれに該当します。


広告
文化庁指針「420時間カリキュラム」対応
ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座