日本語教師 資格を取得しよう
「日本語教師になろう」について>首都圏・東京中央日本語学院

【首都圏】東京中央日本語学院「日本語教師養成講座」

東京中央日本語学院「日本語教師養成講座」の資料請求はこちら


■スクールの特徴とおすすめポイント

1975年にその歴史が始まる東京中央日本語学院。「教師による教育中心の運営」をポリシーに、外国人に対する日本語教育と、日本語教師養成の両方に力を入れてます。さらにその2つに加え、外国人・日本人双方を対象にした相互理解のためのオリジナル授業「適応教育」を行い、異文化接触に伴うさまざまな現象・原因を共有できる工夫をしています。

■学べる校舎

代々木校

■講座の特徴

*独自開発メソッド「認識論的直接教授法」を採用
*ハワイ、オーストラリアでの定期研修制度有
*文化庁指針の420時間対応カリキュラム
*昼間・夜間・土曜の3コースから選べる
*検定試験対応の「理論」、教壇活動研究の「実技」、外国人学生への指導「教育実習」の一貫教育を展開

■サポート体制

*宿舎や寮の手配可能
*インターネットコーナー、自習室、医務室あり
*就職カウンセリングあり
*修了生を対象にした日本語教師採用試験を年4~5回実施

■受講期間・時間・曜日

420時間コース 平日・昼間コース(週4日)土曜コース(週1日)
理論対策コース 平日・昼間コース(週2日)土曜コース(週1日)

■費用

420時間コース/ 525,000円(税込・教材費&教育実習費含)
理論対策コース/ 315,000円(税込・教材費&教育実習費含)
*両コースとも、別途入学金31,500円が必要。

東京中央日本語学院「日本語教師養成講座」の資料請求はこちら


日本語教師募集のFacebookページ

当サイトでは日本語教師募集に関するFacebookページを設けております。こちらもご利用ください。


広告
文化庁指針「420時間カリキュラム」対応
ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座