日本語教師 資格を取得しよう
「日本語教師になろう」について>日本語教師通信講座・アルクNAFL

日本語教師通信講座  アルク「NAFL日本語教師養成プログラム」


■アルクが「日本語教育能力検定試験 合格パック 2017」を展開■

数ある日本語教師養成講座の中でも通信制講座の定番となっているアルク。このアルクが現在、日本語教師検定試験の合格率アップを目指してキャンペーン「日本語教育能力検定試験 合格パック 2017」を実施しています。

2017年3月30日までに購入すると、受講料が5%OFFになります(割引前:139,800円→割引後:132,810円)

この合格パックには、通常のNAFL日本語教師養成プログラムの教材に加え、検定対策用に厳選された5種類の教材や、日本語教育能力検定試験の願書などが含まれています。さらに試験体験やセミナー参加などでのサポートも受けられます。

「日本語教育能力検定試験 合格パック 2017」の詳細はこちら

■アルクの日本語教師通信講座の特徴とおすすめポイント■

アルクの日本語教師養成通信講座、NAFL日本語教師養成プログラムは英語・語学書の総合出版社アルクが展開する通信教育部門の日本語教師講座です。通学制の日本語学校に通えない方の多くが、アルクの日本語教師養成講座を選択されています。

日本語教育界で活躍する一流講師による24冊のテキストで、検定試験の出題範囲をもれなくカバーしています。そのため、日本語教師検定合格率も全国平均に比べ抜群の高さです(NAFL修了生の合格率は50%!)。専門的な内容も、わかりやすい文章で書かれているので、初心者でも安心して学べ、無理なく続けることができます。

日本語教師養成の通信講座といえばアルクのNAFL、というくらい知名度も高く、内容も充実しているのでおススメです。当サイトで紹介しているブラジルの日本語教師体験者もアルクのNAFL日本語教師養成プログラムで勉強されています。

■アルクNAFL日本語教師養成通信プログラムの教材内容■

アルクの日本語教師養成通信講座に含まれる教材は以下のとおりです。

コースガイド/テキスト24冊/別巻問題集1冊(CD付き)/CD7枚/DVD1枚(日本語教育実習)/NAFL模擬テスト1回(自己採点式。CD、解答・解説付き/『日本語教育能力検定試験 重要キーワード集300』1冊/実力診断テスト24回/記述式問題の添削指導2回/修了証(修了時)

■アルク日本語教師通信講座の標準学習期間■

アルクの日本語教師養成プログラムを通信で一通り学習する標準期間は12ヵ月です。ただし、短期修了も可能です。

■通信講座のサポート体制

語学の大手出版社の教材とううだけあり、アルクの日本語教師通信講座は、ウェブ上でのサポート体制が充実しています。疑問や質問に答えてくれる「学習コーチ」、受講生同士の交流を図るSNSサイト。更には、受講期間中利用できるWebテストや学習プラン計画が立てられるサイト「テストコ」が利用できます。
独学になりがちな通信教育ですが、これらのサポート体制を上手に利用することで学習効果のアップはもちろんのこと、試験勉強中のモチベーションにもつながるでしょう。

■NAFL日本語教師養成プログラムの費用■

アルクの日本語教師養成通信講座の受講料は、一般の場合98,700円(税込)。1年間の期間延長の場合は有料となります。

NAFL日本語教師養成プログラムの資料請求はこちら

■日本語教育ジャーナル(旧月刊日本語)の廃刊■

アルクが発刊していた雑誌日本語教育ジャーナル(旧月刊日本語)は残念ながら2013年春号を最後に廃刊となりました。


広告
文化庁指針「420時間カリキュラム」対応
ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座